リンクをスキップ

MapMetricsの体験を最大限に引き出しましょう

SPT マニュアル 🛠️

ネットワークは、特別な位置トラッカー (SPT) を使用しており、収集されたデータを暗号化することでデータとプライバシー保護を強化しています。このガイドでは、SPT の基本的な動作について概要を説明し、重要な機能を強調します。

Isometric illustration of a phone ejecting a book labeled 'User Manual'. Surrounding the book are colorful puzzle pieces and vibrant MapMetrics coins, symbolizing rewards earned while driving.

SPT を操作する

コントロール投票する暗号化する

SPT デバイスの世界へようこそ! このガイドでは、SPT デバイスを効果的に操作するためのすべての秘訣を知ることができます。

オンにする
オンにする

オンにする

あなたの SPT をオンにするには ❌ ボタンを1回押してください。 これにより、電源 LED ライトがアクティブになり、SPT がオンになっていることが確認されます。

オフにする
Power off

Power off

SPTをオフにするには ❌ ボタンを5秒間押し続けてください。 この時間が経過すると、電源LEDランプが消え、デバイスがオフになったことが示されます。

ロック
Locking & Unlocking

ロックとアンロック

✅ボタンを3秒間押し続けると、Bluetooth LEDインジケーターと電源インジケーターが点灯し、デバイスがロックされたことが確認されます。
SPTのロックを解除するには、単に繰り返します。

電力
SPTの充電

SPTの充電

含まれているUSB-Cアダプターは、SPTを充電するのに使用されるだけでなく、使用中にデバイスに電力を供給するためにも使用されます。 SPTが充電中であるか、電源に接続されている間、インジケーター 🔋 が点灯します。

投票
ポジティブな投票

ポジティブな投票

✅は肯定的に投票するために使用されます。これは、アプリ内であなたに提示された質問を確認することを意味します。

投票
否定的な投票

否定的な投票

❌は否定的な投票に使用されます。これにより、アプリで提供された質問に同意しないことを示します。

あなたのデバイスを読む

SPT ステータス

旅行中、ナビゲーションメニューを離れずにSPTの状態をチェックすることができます。右上隅のSPTアイコンを囲む円が状態を示します。

切断されました

接続されました

収入

バッテリー残量が少ない/近くに2番目のSPTあり

SPTを接続する方法

SPTはオンにすると自動的に接続され、デバイスのBluetoothがアクティブ化されます。デバイスが接続されない場合は、手動で接続する手順があります。

設定

SPTをオンにして設定をクリックしてください。

SPT接続

SPT接続をクリックしてください

新しいSPTに接続する

"新しいSPTに接続する" をクリックして、デバイスを選択してください。

イラストでは、緑色のSPTデバイスが背中に横たわっており、画面が上向きになっています。これは、オン/オフボタン付きの充電器に接続されています。SPTデバイスの横には、画面にBluetoothロゴが表示されているスマートフォンも横たわっています。デバイスの上には、航行された経路を表示する浮遊するweb3マップがあります。

重複データの防止

Bluetooth接続

Bluetoothを使用して、SPTは対応するモバイルデバイスのMapMetricsアプリに接続します。この強力な接続はデータ共有を向上させ、約10メートル(32フィート)以内の近くのデバイスを検出します。近くに別のデバイスが検出されると、トークン報酬が即座に無効になり、不公平な二重収入を防止し、ユーザー間で公正な分配を保証します。

デバイスをリセットする

ハードリセット

SPTが応答しない場合は、リセットがトリガーされるまで ❌ と ✅ ボタンを同時に押してハードリセットを実行します。両方のボタンを60秒間押し続け、その後 ❌ を一度押してデバイスをオンにします。

A compact and sleek SPT (Special Position Tracker) device, showcasing its front view with prominent sensors. The device's design reflects its advanced tracking capabilities and its potential for diverse applications.

仕様

Charging Type

USB-C

Battery Type

Build-in

Battery life

~10 hours

Battery Temp Rating

0°C (32℉) - 40°C (104℉)

Device Connectivity

Bluetooth

Height

126mm

Width

80mm

Length

20mm

Weight

200gm

SPT よくある質問

Absolutely! The SPT is designed to function seamlessly anywhere in the world, as long as you have an internet connection. Whether you're exploring bustling cities or remote destinations, the SPT maintains its connectivity. You can even stay connected while venturing to unique places like Antarctica. Our technology ensures that you can rely on the SPT's features regardless of your global location, as long as you're connected to the internet.

It's important to choose a location for your SPT that is easily accessible and allows you to keep your focus on the road. We recommend placing it on the dashboard, as this position not only enhances its GPS connection but also ensures that you can interact with it conveniently without diverting your attention from driving. Your safety is our priority, and the dashboard placement strikes a balance between accessibility and maintaining your concentration on the road ahead.

No, using multiple SPT devices at the same time is not possible, as it leads to data duplication. When another SPT device is detected in close proximity, the earning process is automatically halted. To ensure accurate tracking and fair rewards, we recommend using only one SPT device per vehicle. This practice helps maintain the integrity of the data and ensures that rewards are distributed fairly among users.

Certainly! You can switch between drives and utilize the SPT in different vehicles, as long as they are of the same type. Feel free to use multiple devices across various vehicles and consolidate the earnings into a single wallet. The essential aspect is to ensure that each SPT is correctly paired with the respective vehicle type. This flexibility allows you to maximize your earnings while adapting to different vehicles as needed. This versatility can be especially handy for effective fleet management.

Yes, it's possible to use the SPT while it's charging. Additionally, there's a fast charging option available when you charge the device using a USB-C to USB-C connection. This means you can continue using the SPT even when it's plugged in, and if you opt for fast charging, you can get back to using it quickly.

このウェブサイトでは、ウェブエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使用しています。