リンクをスキップ
smart city feature cell phone towers and an energy grid with solar panels depicting DePINs.

DePINs 公開:四つの主要カテゴリで分散型物理インフラストラクチャネットワークを探る

Web3が私たちの日常生活に統合され続けるにつれて、強力な物理インフラが必要になります。DeFi、暗号通貨、およびNFTはWeb3経済にとって不可欠ですが、それらが動作するには現実世界のプラットフォームが必要です。ここで、暗号通貨、ブロックチェーン技術、および物理インフラストラクチャを統合する分散型物理インフラストラクチャネットワーク(DePIN)が登場します。分散型経済が拡大するにつれて、物理インフラストラクチャの役割は大きく進化します。 

以前の記事では DePINs の紹介 と関連する DePINs のトピックについて詳しく説明しましたが、今日の記事では DePINs の 4 つのカテゴリに焦点を当てます。それぞれのカテゴリと、それが物理的およびデジタルの世界との相互作用の再構築にどのように貢献するかを見てみましょう。

ワイヤレスネットワーク

DePINsの枠組みの中でのワイヤレスネットワークは、5G、Wi-Fi、Bluetoothなどのさまざまなプロトコルを通じて重要な接続サービスを提供します。これらのネットワークは通信技術への分散型アクセスを可能にし、コミュニティがワイヤレスインフラを構築および管理できるようにします。

こちらは、ワイヤレスネットワークカテゴリーに分類されるDePINプロジェクトの例です:

Helium Network

Heliumは、Internet of Things (IoT)デバイスの接続に焦点を当てたDePINs分野のリーディングプロトコルとして位置づけられています。IoT接続の分散化を目指して、Heliumは2019年に Helium Hotspots を導入し、コミュニティ主導のワイヤレスネットワークを確立しました。自宅やオフィスにHeliumデバイスを設置することで、地域にワイヤレス接続を提供し、ネットワークのネイティブトークンである$HNTを獲得できます。この革新的なアプローチは、ワイヤレスネットワークを分散化するだけでなく、トークン報酬を通じて参加を奨励します。

センサーネットワーク

センサーネットワークは、交通状況、天候、地域の通りの画像など、さまざまなソースからデータを収集および処理します。これらのネットワークは、データを収集および送信できるデバイスを備えたノードに依存しており、リアルタイムの監視および意思決定プロセスに貢献します。

こちらは、ワイヤレスネットワークカテゴリーに分類されるDePINプロジェクトの例です:

MapMetrics

MapMetricsは、センサーネットワークカテゴリに属するDePINネットワークの一例です。MapMetricsは、ブロックチェーン技術を統合し、その革新的な「drive-to-earn」システムを通じてユーザーエンゲージメントを促進する分散型ナビゲーションアプリを開発しました。このエコシステムの中心には、MapMetricsスマートフォンアプリケーションとシームレスに連携する、車、オートバイ、自転車向けにカスタマイズされたバージョンで利用可能なSpecial Position Tracker(SPT)があります。Bluetooth接続を介して、SPTはユーザーの移動中に包括的なデータを収集し、GPSおよびその他のセンサーを活用して、位置、速度、および潜在的な方向などの詳細情報をキャプチャします。

収集されたすべてのデータは、MapMetricsアプリ内で暗号化され、MapMetricsブロックチェーンに安全に送信されます。この暗号化プロセスは、個人情報の匿名性を確保し、データ共有プロセス全体でユーザーのプライバシーを保護します。旅行データの貢献は、MapMetricsのナビゲーションサービスの精度と有用性を向上させるだけでなく、ユーザーにMapMetricsエコシステムの暗号通貨であるMMAPSトークンを獲得させます。このシステムは、旅行時間に基づいて報酬を提供し、乱用を防ぐために1日の収益上限を設定しています。

データの品質を維持し、不正行為を防止するために、MapMetricsはさまざまな車両に対応する異なるSPTバージョンを実装しており、各輸送モードに特化した正確なデータ収集を保証します。システムには、近くのデバイスからの二重収益の試みなどの不正行為を検出して防止するためのチェックも組み込まれています。これらの対策により、「drive-to-earn」システムの完全性が保たれ、ユーザー間の信頼が育まれ、MapMetricsプラットフォームの全体的な機能が最適化されます。

エネルギーネットワーク

エネルギー DePINs は、従来は少数の大手企業によって支配され、中央集権型の発電所に依存していたエネルギー生産の分散化を目指しています。これらのネットワークは再生可能エネルギーの生成を促進し、スマートコントラクトを通じて生産者と消費者の間の直接取引を容易にすることで、エネルギーの独立性と持続可能性を促進します。

こちらは、エネルギーネットワークカテゴリーに分類されるDePINプロジェクトの例です:

Arkreen Network

Arkreen Networkは、Web3によって駆動される革新的なデジタルインフラストラクチャを表し、再生可能エネルギー資源のグローバルな接続と収益化を促進するよう設計されています。このネットワークは、革新的なアプリケーションを通じて炭素削減の取り組みを強化することに専念しています。

その核心は Arkreen Network の核となるのは、消費者とエネルギー生産者の両方が再生可能エネルギーソリューションを採用することを奨励する草の根的なアプローチです。屋根の上の太陽光パネル、家庭の省エネ家電、道路上の電気自動車など、すべての貢献がこの分散型エコシステムにおいて重要な役割を果たしています。

Arkreen Networkはエネルギー資産を接続するだけでなく、これらの技術の柔軟性と応答性を活用しています。家庭の空調がピーク時に使用量を調整したり、電気自動車がエネルギー需要が低いときに充電したりする様子を想像してください。Arkreenはこれらの行動を奨励し、ユーザーと環境の間に相互に有益な関係を促進します。

Energy Web

Energy Webは、エネルギー分野におけるDePINsのもう一つの例です。個人や小規模な生産者がエネルギーグリッドに貢献できるエコシステムを作ることで、エネルギー分野を分散化することに焦点を当てています。ネットワークのガバナンスはスマートコントラクトによって管理されており、中間業者を排除し、生産者を消費者と直接結びつけます。このモデルは、再生可能エネルギーの使用を促進するだけでなく、より多くの小規模な供給源に生産を分散させることで、エネルギーグリッドのレジリエンスを高めます。

A highly clean, photorealistic depiction of a smart city featuring cell phone towers and an energy grid with solar panels, representing Decentralized Physical Infrastructure Networks -DePINs.

サーバーネットワーク

サーバー用の分散型物理インフラストラクチャネットワークは、オペレーターがストレージ容量や処理能力などのコンピューティングリソースを提供し、サービスの対価を受け取るノードのネットワークで構成されます。

こちらは、サーバーネットワークカテゴリーに分類されるDePINプロジェクトの例です:

Filecoin

Filecoinは、サーバーカテゴリのDePINネットワークの例です。Filecoinは、ユーザーが未使用のストレージスペースを貸し出して$FILを稼ぐことができる分散型のピアツーピアファイルストレージネットワークです。ネットワークの分散型の性質により、ストレージサービスの価格は中央集権的な権限ではなく、市場のダイナミクスによって決定されます。Filecoinはさまざまなデータ形式をサポートしており、さまざまなユースケースに対応できる汎用性があります。特に、Internet ArchiveはデータバックアップにFilecoinを使用しており、AudiusやHuddle01などの他のWeb3プロトコルも音楽ストリーミングやビデオ会議のデータストレージにFilecoinを活用しています。

結論

分散型物理インフラストラクチャネットワーク (DePINs) は、物理的資産の管理および利用方法における変革的なシフトを表しています。管理を分散化し、ブロックチェーン技術を活用することで、DePINs はさまざまな分野で効率性、透明性、セキュリティ、および民主化を強化します。DePINs は従来のインフラストラクチャを革命的に変える可能性を秘めています。これらのネットワークを引き続き探索および開発するにつれて、物理的インフラストラクチャの革新と回復力を促進するその潜在力は非常に大きいです。

このウェブサイトでは、ウェブエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使用しています。